写真歌集『燈心草を香らせて』

田中ましろ個人による写真歌集第2弾。

地方移住をした二人の日々を描いた短歌連作70首に
小豆島で撮り下ろした写真を添えました。

***
東京の霞んだ雨よ感情よ 頼まれずとも近くにいるよ
花瓶には花を あなたは髪を梳き 恋うほどに降る恋だったこと
陽に褪せた木々に凭れて僕たちはゆっくり死のう風化しながら
焼き付ける印画紙として眼裏を やがて笑って忘れることも
戸惑いを隠してもなお揺れている野辺にチャペルの鐘鳴りやまず
生きるとは硬貨を抱いていつまでも着かないバスを待つ人のごと
遊びのように祈りのように「生きたいね」なんて祝言(ことほ)ぎみたいに話す
仄あかりに花を盗んでいく人のように火は光跡を残して
***

A5変形(正方形)の無線綴じ冊子。
108ページ。フルカラー。

移住したことへの不安と希望の入り混じる日々を
叙情する島国の風景の中で感じていただけたら幸いです。

短歌・写真・編集:田中ましろ
出演:遊上なばな

¥ 700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 200円

※1,200円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する